シビレます・・・la soldierの火花!

バチバチバチッ!!と曲全体に火花が散るようなla soldierに出逢えた先日のことです。
私の中でセーラームーンの曲ではこの曲が首位を争うポジションになるぐらいホレました(笑)
感性のままに言うなら、THE・スパーク!な曲ですね。タイトルのまま、”THE戦士”ということで闘う女戦士・・・それも愛する人からの愛の光を浴びて強く美しく、芯のあるしたたかな美しい女戦士になっていく感じが凄くツボです。
同じ女性としての共感も多い曲ですね。女性は確かに愛する男性から愛されることでいい意味変わっていける性質があると言いますか、女ってそういう生き物だと思うので。素敵だと思います。
歌詞、世界観、メロディー、歌い手とすべてが手を取り合ってできたla soldier、ただただ素晴らしいに尽きました!久々にいい曲に出逢えて、一人でテンションがアガっている私(笑)。アニソンはときどきこういういい曲があるから好きですね。
よく聴き比べると、確かに声優さんとアーティストの歌い方はちょっと違います。
声優さんの方が情に訴えかけてくる感じがして情緒豊かですね。響きも美しいですし。普段のキャラクターボイスのときのお声が情緒豊かなように、そのまま歌のときもやっぱり感情がアーティストのそれよりも込められているのを感じます。そんな「響かせる」歌い方だと思いますね。
それにしてもこの曲は歌詞の方もシビレます。1番といい2番の歌詞といい、どうやったら「眼差しに責められて心が透き通る、芯まで」「さだめが迎えに来る」なんて表現が生まれるのでしょう(笑)。とくにあの「芯まで!」と来たところですかさずチュイイーーン!と電撃火花が飛び散るようなシビレ音が入ってるところなんてたまらなくシビレますね、隙のない表現です。
鮮やかに、秘めやかに。洸の電撃洗礼を受けるような曲なのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です